読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村上春樹を読むときに聴く3枚

読書するときに音楽を聴きますか?僕は聴きません。どちらか(たいていは音楽の方)に意識が向いてしまうので。それに、特にその世界に浸かりたい小説を読むときは、音楽のせいでなかなか入っていけないなんてことがよくあるじゃないですか。だから読書するときは無音に限る。村上春樹の小説を除いては。

ハルキストであるという自覚はないけれど、僕は彼の書く文章がどの作家のそれより好きだ。現実と非現実の境が曖昧な世界観、哲学的なのかナンセンスなのか分からない箴言、上手いこと表現しているようでよく考えると意味の分からないメタファー、そして所々に出てくる聴いたことのない音楽。10代の僕はそのすべてにやられてしまった。

 

Geogaddi (WARPCD101)

Geogaddi (WARPCD101)

 

 エレクトロニカ・シーンに衝撃を与えた1998年の『music has the right to children』から4年。 ついにboards of canadaのオリジナル・フル・アルバムがリリースされた。ノスタルジックなメロディーとボイス・サンプル、そしてタフなビートによって織りなす独特の幻想的な風景は、本作においても健在。万華鏡による夢幻的な世界が描かれたジャケットさながらに、はかなく美しい曲が次々と展開されていく。

Music Has the Right to ChildrenでもThe Campfire Headphase (WARPCD123)でも差支えないと思う。とにかくこのBoards of Canadaとねじまき鳥クロニクルを読んだときの衝撃ったらなかった。井戸の中で聴くのにこれほど適切な音楽があるだろうか。よく見たらジャケットも井戸っぽいじゃないか。別に村上春樹に合う音楽を探していたわけでもないし、そもそも村上春樹もBoCもどちらも初めて読む・聴くものだった。こういう奇跡が人生で起きるんだな、と思ったのは、それ以後これに勝る衝撃を受けていないからだ。

 

Selected Ambient Works 85-92 [帯解説 / 国内盤] 期間限定廉価盤 (XXBRC237)

Selected Ambient Works 85-92 [帯解説 / 国内盤] 期間限定廉価盤 (XXBRC237)

 

 初期エイフェックス・ツインの代表作にしてモダン・エレクトロニック・ミュージックの源であり、基準。どの家にもあるべき作品と評される名盤中の名盤

BoDと比べるとやや角が立っていて耳に障るかもしれないが、1曲目から聴いてもらえれば違和感なく本の世界に没入できると思う。他の作品はもっと狂気が全面的に出ていて読書どころではないので安心してこの一枚を聴けばよろしい。

 

Chamber Music

Chamber Music

 

エレクトロニカに寄りすぎたので最後はこちらを。チェロとコラ(アフリカの民族楽器)の演者2人による室内音楽。アナログなミニマルテクノと言ってもいいかもしれない。最小限の音数で、間をたっぷりとったフレーズが繰り返される。雄弁な無音。次回作出してくれないのかな。

 

定時に帰るための3冊

日本全国いや世界中、津々浦々で日本人サラリーマン諸君が苦しんでいるもの、それは残業である。おもな原因は3つあると思う。

 

1.仕事量が多く、捌ききれない

2.作業スピードが遅い

3.そもそも早く帰りたいと思えない

 

本当は4.として職場環境や人間環境があるのだけれど(そして大多数の残業マンはこれが最大の原因だと言う)、そんなことは知らん。何とかしてくれ。

  

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

 

 

・あらゆるものを「整理」、リラックスして仕事がこなせる、最速最強の「仕組み」を作る方法――それがGTD

・頭の中の「気になること」を"すべて"頭の外に追い出そう。

・それらすべての「気になること」について、求めるべき結果と次にとるべき行動を決めよう。
・そうして決めた、とるべき行動を信頼できるシステムで管理し、定期的に見直そう。 

 

GTD(Get Things Doneの略)は、「はじめての」とあるがこれが最初で最後になるだろう。こんな環境にできたらいいなあと感じ入ること請け合いである。著者はやるなら一気に全部やれ!とけしかけてくるが、私は残念ながら出来ていない。でも、コンセプトだけでも十分に日常に役立つ。最も深く感銘を受け、完全に習慣化できているのは、「(メールなど)何か新しい依頼やToDoが発生したとき、2分以内に出来そうなら今すぐやる」。2分以上かかるものは色々と分類するのだが、正直そっちはそんなに気にしなくていいと思っている。

 

イライラ解消!  エクセル2010/2007即効ワザ―仕事が早く終わる完ぺき修得本 (日経ビジネス人文庫)

イライラ解消! エクセル2010/2007即効ワザ―仕事が早く終わる完ぺき修得本 (日経ビジネス人文庫)

 

 

・便利な操作を知らないと、時間ばかりかかってしまうのがエクセル

 

エクセルの達人になる必要はないが、とりあえずこの1冊は読んでおいて損はない。ザッと読んで「あ、これできたら楽だわ」という発見が必ずあるはず。私はエクセルを使う職場になって最初に手に取ったため、かなり多くの発見があった。すでに何冊もエクセル本を読んでいる人には物足りないかもしれないが、そういう人で定時に帰れていない人は他に原因がある。

エクセルを使わない職場の人は無視してくれ。

 

子どもへのまなざし

子どもへのまなざし

 

 

・乳幼児期は人間の基礎を育てる大切な時期

・十分な受容や承認を受けた子どもは、安心して社会に出ることができる

・子どもにとって、最大のサポーターであり、理解者であるのが親なのだ

 

「三つ子の魂百まで」を優しい園長先生が父兄に語りかけてくれるような本。生まれてから3年までに人格の基礎が出来上がる。その基礎の形成に最も関与するのが親である。そう言われて、せめてその3年だけは早く仕事を切り上げようと思わない親がいるだろうか。一緒に食卓を囲み、風呂に入れ、絵本を読みきかせ、おやすみを言おう。どうしても仕事したいならその後やればいい。今が大切な時期?子供の一生を決める3年間とどっちが大切なの?

子供がいない人は無視してくれ、と言いたいところだけど、もし特別な事情がなく、今後子孫を残す可能性がある人なら、読んでおいてもいいかもしれない。

ちなみに、著者のことをずーっとマザーテレサのようなおばあちゃん園長先生を想像していたら、おじいちゃんでした。

 

英語で仕事できるようになるための3冊

ごく一般的な日本人として持っていた英語コンプレックスは、大学2年のときに殺した。1か月間、語学研修でカナダにホームステイしたのだ。英語ネイティブとの壁は痛感した一方で、英語ネイティブじゃないにも関わらず英語圏にいる人間がいかに多いかを知った。もちろんそういう人間が集まる環境に身を置いていたに過ぎないのだけれど、この単純な発見でコンプレックスは消えた。なんだ、ペラペラじゃない人だらけだな。何とかなるな、これ。

それ以後、というか大学入学以降、英語はまともに勉強していない。それでも今、海外(アジア)で仕事をしている。おもに英語で、特段のストレスなく。英語ネイティブにとっては酷い英語なんだろうけど、とりあえず8割がた通じるし聞き取れる、そんなレベルだ。ここで挙げる3冊で、仕事で英語に困ることはなくなる。ただし、その前提として、コンプレックスは解消しておいてほしい(これには多少の痛みが伴うが、痛いのはその一瞬だ)。

 

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

 

 

・自分で発音できない音は聞き分けられない

・訓練方法は(中略)基本的な発音の反復練習

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 

 

・中学レベルの文型で正確にスピーディーに英文を作る能力を身につける

 

英検準2級をひとつひとつわかりやすく。

英検準2級をひとつひとつわかりやすく。

 
英検3級をひとつひとつわかりやすく。

英検3級をひとつひとつわかりやすく。

 

 

「英語耳」で会話が聞き取れるようになる。「どんどん」で発話できるようになる。英検はその土台作り。3級を持っていない人は3級を、持っている人は準2級を。準2級を持っている人は「英語耳」「どんどん」で十分。SVC、SVOC、SVOOでメールも会話も十分すぎるほど成り立つ。そこまで行けば、英語が楽しくなっているはずなので、必要と興味に応じて次のステップを見つけていけばいい。

 

 

営業1年目が読む3冊

僕がいる業界は専門知識を売って食っている。参入障壁が高いはずなのに、業界全体が低収益体質に苦しんでいる。そんな中、実行部隊として数年働いたのちに、営業部門に転属となった。モノを作る側から売る側に変わったということだ。

「営業」で検索すると、「トップ営業マンの習慣」「○○を××するな!」「買ってもらえる魔法の言葉」等々、うだつの上がらない営業マンが読みそうな本ばかり出てくる。僕が知りたいのはそういうことじゃない。相手が何に困っているか、それに対して自分の会社がどういう解決策を提示できるか。そういう営業を何と言うか。

 

「提案型営業」あるいは「ソリューション営業」だ。

ソリューション営業の基本戦略

ソリューション営業の基本戦略

 

・ソリューション営業の基本戦略 問題解決型営業の考え方と技術

・営業は単なる御用聞きではなく、顧客の問題解決の提案をする職業と位置付け、それを実現するためのノウハウを紹介している。
・IT営業の事例が豊富で、営業SEの業務の参考になる。
・商談シナリオを描き、適切な相手に、商談コンセプトを明確に伝え、お客様の問題解決の手助けをする

 

戦略的ソリューション営業―顧客との「価値あるパートナーシップ」を構築せよ (戦略ブレーンBOOKS)

戦略的ソリューション営業―顧客との「価値あるパートナーシップ」を構築せよ (戦略ブレーンBOOKS)

  • 作者: 富士ゼロックス総合教育研究所,恩蔵直人
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 単行本
  • クリック: 11回
  • この商品を含むブログを見る
 

 ・営業を科学的に工程分析し,組織営業を目指さなければ勝ち残れないという「営業」戦略書
・従来の「提案型営業」のススメと同じだが,営業体制そのものを科学的に組織すること,営業活動を科学的に行うことの提案が,本書の主眼である。
・本書で述べられている事例は主にBtoBの営業についてであるが,営業マネジャーの役割や教育のあり方など,あらゆる業種にとって参考になると思われる。
・商品やサービスだけでなく、問題解決を売る営業へ

 

ロジカル・セリング ―最強の法人営業 (BEST SOLUTION)

ロジカル・セリング ―最強の法人営業 (BEST SOLUTION)

 

 ・「仮説力」と「検証力」を高め、結果として受注率や利益率を高めていくコツを体系的に整理している。
・「仮説力」とは、顧客が求めている内容を事前情報から類推し、現時点の解をつくる力。
・「検証力」とは、類推した解を、顧客との対話を通じ、より精度の高い解に仕立てる力。
・この2つの力を引き出すため、ロジカル・シンキングのフレームワークを活用し、営業場面で実践する

 

「売りつける」でも「買ってもらう」でもダメで、「問題を特定・解決してやることで対価をもらう」ことが目指すべき「営業」の姿だ。

顧客は困っている。問題が何なのかが分からなくて困っている。

製造部門(実行部隊)は困っている。誰が問題を抱えているのかが分からなくて困っている。

営業の本質は両者の橋渡しにある。